ファーロスターの将来目標は?

都市の渋滞を避けた空からの移動手段や離島・山間部での空からの移動手段、災害時における救急搬送や迅速な物資輸送などの構想を描いて、様々な分野で、「物の移動」、「災害時での活用」及び「都市での人の移動」が検討されており、他にも「娯楽」等に活用されることを想定した機体の開発が進められています。
こうした構想を具現化し、日本や世界における新しいサービスとして発展させていくためには、機体の安全性評価基準の策定、技能証明等の制度整備及び自動飛行・運航管理・電動推進に関する技術の開発についての安全性・信頼性を確保する技術を高める必要があります。
ファーロスターは、このような構想の安全性・信頼性の確保する技術に着目し、アーバンモビリティの運用に必要な情報・技術を蓄積しつつ、飛行禁止空域・運用禁止区域での飛行や他の航空機とのニアミスなど重大事故につながるインシデントの発生を最小化することを目指し、アーバンモビリティとその周囲の環境の安全を保ちながら、より効率的に運用するための仕組み作りを推進します。

2030年代初頭には世界のトップシェアの獲得を目標とします。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

無人機の定義範囲は?