よくあるご質問(FAQ)

世界の七不思議とは、古代ギリシア・古代ローマ時代における七つの建造物のことで、紀元前2世紀にビザンチウムのフィロン(紀元前260年 – 紀元前180年)が書いた「Επτά θαύματα του αρχαίου κόσμου(世界の七つの景観)」の中に記載された、古代の地中海地方に存在していた七つの巨大建造物がはじまりだと言われています。

  1.  ギザのピラミッド
  2.  オリンピアのゼウス像
  3.  エフェソスのアルテミス神殿
  4.  ロドス島の巨像
  5.  ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
  6.  アレキサンドリアの大灯台
  7.  バビロンの空中庭園

この内「アレキサンドリアの大灯台」は、実際にはフィロンが選んだ7つには含まれていませんでした。フィロンが選んでいたのは「バビロンの城壁」です。「アレキサンドリアの大灯台」が、まだ建造されていなかったことと、フィロンが自分の国の不思議は入れないことに決めていたためでした。後に「バビロンの空中庭園」と「バビロンの城壁」が誤って同一視された結果、「アレキサンドリアの大灯台」が導入されたと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Load More

近年、様々な分野において無人航空機(以下、UAS : Unmanned Aircraft Systems)産業の需要が急速に高まり、空からの宅配や空飛ぶクルマのサービスの社会実装など広がりをみせています。第3者上空を飛行するUASの運用には飛行禁止空域での飛行や他の航空機とのニアミスなど重大事故につながるインシデントが懸念され、UASとその周囲の環境の安全を保ち、より効率的に運用するための仕組みが求められるようになりました。

現在、UASの飛行規制や安全を配慮した運航管理(以下、UTM : UAS Traffic Management System )の仕組みが整備途上であることから、ファーロスターは、UTMが実現し得なかった衝突防止自動管制技術(以下、AURORA:Automatically Remote Operation Resolution Advisory System)を核とした新しい都市交通管制システム(以下、UMTCs: Urban Mobility Traffic Control Systems )を用い、より安全な運航管理及び航空管制の実現とUAS活用の促進を目的とし、これまでに航空産業で培った技術と経験を活かし、UASの安全・安心・快適な運航を実現するUMTCsサービスを提供します。

将来は、自動運転車(以下、UGV:Unmanned Ground Vehicle)にも対応し、交通渋滞の緩和や円滑な運用などより高い安全性の実現を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More

都市の渋滞を避けた空からの移動手段や離島・山間部での空からの移動手段、災害時における救急搬送や迅速な物資輸送などの構想を描いて、様々な分野で、「物の移動」、「災害時での活用」及び「都市での人の移動」が検討されており、他にも「娯楽」等に活用されることを想定した機体の開発が進められています。
こうした構想を具現化し、日本や世界における新しいサービスとして発展させていくためには、機体の安全性評価基準の策定、技能証明等の制度整備及び自動飛行・運航管理・電動推進に関する技術の開発についての安全性・信頼性を確保する技術を高める必要があります。
ファーロスターは、このような構想の安全性・信頼性の確保する技術に着目し、UAS・UGVの運用に必要な情報・技術を蓄積しつつ、飛行禁止空域・運用禁止区域での飛行や他の航空機とのニアミスなど重大事故につながるインシデントの発生を最小化することを目指し、UAS・UGVとその周囲の環境の安全を保ちながら、より効率的に運用するための仕組み作りを推進します。

2030年代初頭には世界のトップシェアの獲得を目標とします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Load More