ファーロスター創業の背景と目的は?

近年、様々な分野において無人航空機(以下、UAS : Unmanned Aircraft Systems)産業の需要が急速に高まり、空からの宅配や空飛ぶクルマのサービスの社会実装など広がりをみせています。第3者上空を飛行するアーバンモビリティの運用には飛行禁止空域での飛行や他の航空機とのニアミスなど重大事故につながるインシデントが懸念され、アーバンモビリティとその周囲の環境の安全を保ち、より効率的に運用するための仕組みが求められるようになりました。

現在、アーバンモビリティの飛行規制や安全を配慮した運航管理(以下、UTM : UAS Traffic Management System )の仕組みが整備途上であることから、ファーロスターは、UTMが実現し得なかった衝突防止自動管制技術(以下、AURORA:Automatically Remote Operation Resolution Advisory System)を核とした新しい都市交通管制システム(以下、UMTCs: Urban Mobility Traffic Control Systems )を用い、より安全な運航管理及び航空管制の実現とUAS活用の促進を目的とし、これまでに航空産業で培った技術と経験を活かし、アーバンモビリティの安全・安心・快適な運航を実現するUMTCsサービスを提供します。

将来は、無人水面効果翼船(以下、Wises-UV)なのど海洋モビリティ自動運転車(以下、UGV:Unmanned Ground Vehicle)にも対応し、海上物流の強化、交通渋滞の緩和や円滑な運用などより高い安全性の実現を目指します。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

世界の七不思議とは?

次の記事

ファーロスターの将来目標は?