評判、信頼、収益
ドローンが侵入したとき、すべてを失います。

Drone ID Trackerは日本国内の99%のドローンを検知することができます。
99%のドローンを検知できるDrone ID Trackerを導入することで、プライバシー侵害を最小限に抑え、安心感を向上させましょう。
1%のドローンを検知できないリスクはありますが、それでもDrone ID Trackerの導入は不正な使用を防ぐための有効な手段です。

「Drone ID Tracker」は、ドローンの検知と追跡を可能にするシステムです。

ドローン検知システム「Drone ID Tracker」は、ドローン紛失のリスクを低減し、また、公共の安全性と個人のプライバシーを保護するために専門的に設計しました。
主な目的は、ドローンの安全な運用を確保し、不正利用を未然に防ぐことです。

この先進的なソリューションは、さまざまな用途において活用することができます。

「Drone ID Tracker 0.5」の主な特徴

ドローンの検知

Drone ID Trackerは、リモートID(Bluetooth, Wi-Fi Aware, Wi-Fi Beacon)を受信して飛行空域内のドローンを検知します。これにより、ドローンの紛失や不正な侵入のリスクを最小限に抑えつつ、リアルタイムでドローンの存在を監視します。
日本国内におけるドローンの99%を検知します。

ドローンの識別

システムは、受信したリモートID情報を基に、ドローンの情報を識別し表示することができます。

リアルタイム追跡

Drone ID Trackerは、ドローンの動きをリアルタイムで追跡し、その位置情報を地図上に表示します。これにより、運用者や関係者は常にドローンの位置を確認し、必要な場合には適切な対応を即座に取ることができます。

飛行エリアの管理

システムは、特定の飛行制限エリアや禁止区域に進入するドローンを自動的に検知し、適切な対応が可能となります。これにより、悪意のある行動や事故のリスクを未然に防ぐことができます。

データプライバシーの保護

Drone ID Trackerは、個人情報の保護とプライバシー尊重に配慮した設計です。必要な情報のみを収集し、保存します。

検知距離

Drone ID Trackerは、最大半径290m(実測値)の範囲をカバーします。
注)ドローンの性能に依存します。

活用シーン

Drone ID Trackerは、都市部、空港、プライベート施設、盗撮防止、イベントセキュリティなど、多岐にわたる場面で活躍します。急速に普及するドローン技術に伴い、ドローン紛失のリスクを低減し、公共の安全性と個人のプライバシーを保護するために重要な役割を果たします。

詳細については、こちらからお問い合わせください。