空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブルへ参画

空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル(Blue Table)へ参画

FaroStarは、大阪における空飛ぶクルマの社会実装を目指す「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」(以下、本ラウンドテーブル)に9月14日に参画しました。

背景

空飛ぶクルマは、都市交通、観光、医療や災害対策など、幅広い分野での利活用が見込まれる新たな産業、サービスとして期待されています。

2020年11月、大阪府は「空の移動革命に向けた官民協議会」(経済産業省、国土交通省が共同事務局)におけるロードマップ(2018年12月策定)を踏まえ、その実現に向けた取組みを加速させるため、具体的かつ実践的な協議・活動の核となる「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」(事務局:大阪府)を設立しました。

株式会社FaroStarは、空飛ぶクルマや空からの配送などの無人機を自動管制する技術を開発しており、本年度、大阪府において空飛ぶクルマの実現に向けた実証試験を実施します。

大阪府というリアルなフィールドで実証試験により得られた成果等を本ラウンドテーブルにフィードバックし、具体的な課題解決に向けた議論に活かすために参画します。

「空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル」の概要

本ラウンドテーブルは、2025 年に開催が予定されている大阪万博を空飛ぶクルマの社会実装のマイルストーンのひとつに据え、具体的かつ実践的な協議・活動の場となります。

関係者間で精力的に協議や実証実験を重ね、国の官民協議会の議論に資する具体的な提案が行われています。また、様々なステークホルダーと連携して、社会受容性の向上を図るなど、空飛ぶクルマの実現に向けた取組みを加速させていくことを目指しています。

URL 大阪府/空の移動革命社会実装大阪ラウンドテーブル (osaka.lg.jp)

 

FaroStarの展望

FaroStarは、本ラウンドテーブルへの参画を通じて、衝突防止自動管制技術(AURORA)を核とし、大阪府における空飛ぶクルマの普及発展に取り組み、「空の安全確保」を実現し、人々の「安全・安心」の確保に貢献して参ります。

代表取締役 星 尚男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

TESLA充電パートナーに採用